Vライン脱毛は他の部位の脱毛とちょっと違う

Vライン脱毛はサロン選びが大切な理由

Vラインの脱毛は、他の部位と違うところがあります。どういうところが違うのか、具体的に見てみましょう。

 

Vラインの脱毛は効果が出るのが遅い!?

 

Vラインの脱毛は他の部位と違って効果がでるのが遅い、と言われています。

 

その理由は、主に3つあります。

 

毛量が多く、密集して生えている

比較的ムダ毛の量が多いワキと比べても、圧倒的に毛の量が多いですよね。(もちろん、個人差はありますが…)毛量が多いということは、それだけ脱毛が完了するまでに当然ながら時間が掛かってしまうことになります。

 

Vラインのムダ毛は毛周期が長い

毛周期とは毛の生え代わりのサイクルのことです。エステやクリニックで扱われている脱毛方法は成長期の毛に効果を発揮するものですから、毛周期が長い分、脱毛が完了するまでに時間がかかるわけです。

 

肌がデリケートな部分

Vラインは、ふだんは衣類に守られていて、紫外線にさらされることもありません。そして、湿度が高く、雑菌も繁殖しやすいところです。
Vラインの自己処理をすると、肌荒れしやすいので良くないと言われています。実際に、炎症を起こしたりカユミがある人も多いのではないでしょうか。
ですから、エステなどで脱毛をするときにも高い出力でガンガン照射するわけにはいきません。脱毛の光は強ければ良いというものではありませんが、効果を発揮するには一定の強さが必要になります。
Vラインの肌はデリケートなので、負担がかかり過ぎないように弱めの出力で様子をみながら脱毛していくことになります。
自己処理をしている人は、電気シェーバーを使うなどなるべく肌への負担の少ない方法で処理するようにしてくださいね。

 

 

Vライン脱毛でアンダーヘアの形をデザインする

Vラインの脱毛は他の部位と違って、「アンダーヘアをデザインする」ということができます。腕や脚、わきの脱毛ならムダ毛をすべて脱毛してしまいますが、Vラインの場合は「下着からはみ出している部分だけ」もできますし、「小さな下着でもはみ出さないぐらい範囲を小さく」ということもできますし、「長方形」や「卵型」など、好みの形に整えて残すこともできます。

 

Vラインの形をデザインしたい場合は、エステティシャンの技術やセンスも必要になりますから、エステ選びは慎重にした方が良いでしょう。もちろん、アンダーヘアをすべてなくしてしまう、いわゆる「ハイジニーナ」の脱毛も可能です。

 

ただ、脱毛する範囲が大きくなるほど、かかる費用が変わることもありますので、予算を考えながらエステ選びやVラインの脱毛範囲を考えてみましょう。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ