Vライン脱毛 生理

基本的には生理中の脱毛は全般NG

生理中に、Vラインの脱毛はできません。大手の脱毛エステでは、ほとんどすべてのお店が生理中のVラインの脱毛は禁止しています。

 

Vラインだけでなく、Iライン、Oラインといったデリケートゾーンは一律で禁止です。

 

腕や脚など、デリケートゾーン以外の脱毛は可能ですが、それでも基本的にはおすすめできません。脱毛エステの中には、生理中はどの部位でも施術を断る、というお店も存在します。

 

生理中は肌がデリケートになりがち

 

生理中は、ホルモンバランスの影響によって、いつも以上に肌が敏感になっています。ささいな刺激でも炎症を起こしてしまうこともありますし、生理中に脱毛の施術を受けるといつもより痛みも感じやすいです。キレイになるためにエステに通っているのに、肌トラブルを起こしていては、本末転倒ですよね。

 

また同様にホルモンバランスの変化のある生理前や生理後も、できれば避けた方が良い、と言われています。

 

と言っても、生理前と生理後も避けようと思うとかなり脱毛を受けられる期間が限定されてしまいますから、一応生理前や生理後の場合はいつもよりスキンケアをきっちりするなどして対応しましょう。

 

Vラインの脱毛は、紙ショーツに履き替えて施術するのが一般的です。その場合、生理中ならナプキンはどうするのでしょうか?タンポンを入れるのでしょうか?それでも、生理中のニオイはどうしようもありませんよね。

 

予約日に生理がかぶってしまうととても悔しい気持ちになるのは分かりますが、マナーとして、嘘をついて強行突破するのはやめましょうね。

 

生理がきても、予約日は変更できる

 

大手の脱毛エステで、生理がかぶったからと言ってキャンセルして、キャンセル料をとるようなところはありません。中にはキャンセルすると1回分の回数が消化されてしまう、といった悪質なエステもあるようですが、大手のエステではまず無いと思って良いでしょう。

 

ただし、生理になってしまったら、早めにキャンセルの連絡は入れましょう。人気店だとキャンセル待ちの人もいますから、早めに連絡して他の人が脱毛できるようにしてあげてくださいね。

 

生理周期が安定している人は、必ずスケジュール帳など生理周期を記したものを持参して、生理日がかぶらないように予約をとることが大切です。

 

生理周期が不安定な人は、予測が困難なのでかぶってしまったらキャンセルするしかありませんから、その際は予約日を変更しましょう。ただ、生理不順は放置しないで、婦人科に行って原因を調べるのも忘れないでくださいね。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ