ケノン Vライン脱毛

ケノンでの脱毛は難しくないけど、基本はシッカリ押さえて!

家庭用脱毛器ケノンは、他の家庭用脱毛器と比べても、コストパフォーマンス・操作性・脱毛効果に優れた商品で、かなり人気があります。

 

ケノンを使って脱毛をするのは比較的かんたんですが、注意点もあるのでご紹介しておきます。

 

「家庭用」でも立派な脱毛器!

 

家庭用脱毛器と言っても、れっきとした脱毛器であることには変わりありません。

 

エステの脱毛機と同じように強い光が発射されるので、肌への負担も多少はかかりますし、光を直接見ると目を傷める危険もあります。

 

まず、付属のサングラスは必ず着用して、照射する瞬間は目をそらすなど、慎重な姿勢でおこないましょう。

 

それから、照射レベルは無理に上げないようにしましょう。

 

ケノンの場合は10段階で照射レベルの設定ができますが、レベルが高いから効果も高い、というわけではありません。もちろんレベルが低すぎると効果も出ないのですが、Vラインのムダ毛は濃いですから、他の部位と比べると脱毛器の光も反応しやすいです。はじめの数回は、レベルを変えながら痛みが強くないか、確認して使いましょう。

 

肌のケアは怠らないで!

 

また、家庭用脱毛器を使用する際には、プレケアとアフターケアも重要です。エステではすべてスタッフがやってくれるものですが、家庭用脱毛器を使用する場合はもちろん自分ですべてやらなければなりません。

 

照射前後に行おこなうクーリング、最後におこなう保湿を怠ると、肌に熱がこもってヒリヒリすることもありますし、保湿をしないと肌が乾燥して脱毛の効果も半減してしまいます。

 

家庭用脱毛器の使用でよくある失敗が、このプレケアとアフターケアを怠ったことによるものです。Vラインは特にデリケートな部分ですから、必ず、エステでやってもらうように丁寧にケアをして、肌を守るようにしましょう。

 

最後に、家庭用脱毛器ではIラインとOラインの脱毛はできません。これはケノンだけでなく、他の脱毛器でも同じです。

 

ケノンの場合は顔にも照射できるほどの安全設計になっていますが、それでもIラインとOラインへの使用は推奨されていません。体の中でもっともデリケートな部分ですから、IラインやOラインの脱毛をしたい人は、エステに行った方が良いですよ。

 

このように、家庭用脱毛器を使用する際には注意点もありますが、注意点を守って正しく使用してれば、効果もありますし、費用もかかりませんし、いつでも自分が好きな時に脱毛できる、というのは大きなメリットだと思います。

 

せっかくケノンを使うなら、脚や腕など、エステでは料金が高くつきがちな部位にもぜひ使用してみてくださいね。家で脱毛できるのもなかなか良いものですよ。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ