Vライン脱毛 形

一般的なVライン脱毛では自然な形のアンダーヘアに

Vラインの脱毛が他の部位の脱毛と違うのは、「毛を残す」ということです。

 

アンダーヘアをすべて脱毛して無毛状態にしてしまう「ハイジニーナ」というものもありますが、まだまだハイジニーナをする人は少数派で、アンダーヘアを自然な形で残すのが一般的です。

 

では、脱毛エステで脱毛をすると、アンダーヘアの形はどのように残すのでしょうか。

 

Vラインの脱毛範囲はエステによって決められている

 

「Vラインサイド」「ビキニライン」などといった部位の場合は、はじめから脱毛範囲が決まっています。脱毛エステによってその基準は異なりますが、だいたい、自然な形での逆三角形に整えられるのが主流です。

 

Vラインの脱毛範囲が原寸大で印刷されたシートを渡されて、そのラインに沿ってムダ毛をシェービングしてくるように言われるエステもあります。

 

アンダーヘアのデザインをする人もいる

 

Vラインの形には実はいろいろな整え方があります。

 

自然な形の逆三角形のほか、長方形や卵型も、比較的自然な形だと言えるでしょう。

 

また、面積の狭い水着や下着を身につける人は、割れ目に沿って細くアンダーヘアの残す「I型」と言われるものや、中には「ハート型」なんていう形にする人もいるんですよ。でも、ハート型はさすがに、温泉に行ったときのことなんかを考えると勇気がいりますね…。

 

ただこのような好きな形のデザインでアンダーヘアを整えるには、普通のVライン脱毛よりもお金も時間もかかります。そして、エステティシャンの力量も問われます。

 

格安な値段でVラインを脱毛する場合は、「下着からはみ出す部分だけ」というものですよね。ですから当然アンダーヘアの形を好きにデザインすることはできません。

 

アンダーヘアの形をデザインする場合にはそれに対応してくれるエステでなければ、そもそもデザインができません。

 

ちなみに「下着からはみ出す部分」と言っても、実際にははみ出す部分ギリギリのラインで脱毛するわけではありません。下着の内側1〜2cm内側ぐらいまでは脱毛してもらえる脱毛エステが多いので、多少小さな下着を履く場合なら、十分対応できるでしょう。

 

ほとんどの人は、奇抜な形にすることはないと思いますし、通常の「下着からはみ出す部分だけ」の脱毛で十分だという人が多いのが実際のところですね。欧米ではいろんな形にデザインする人もいますが、日本人の黒々としたアンダーヘアを奇抜な形にデザインしてしまうと、悪目立ちしてしまう、ということもあるのかもしれませんね。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ