Vライン脱毛 自己処理

「抜く」タイプの自己処理はゼッタイNG!

Vラインは肌がデリケートなところだから、自己処理はやめましょう。

 

脱毛エステのホームページでよく見かけるフレーズです。

 

でも、脱毛が完了するまでは、毛はまだ生えてくるわけですから、全く自己処理をしないわけにもいきませんよね。それに、脱毛に行く前には前日か当日の朝にシェービングしていく必要があります。

 

そこで、脱毛が完了するまでは、どのように自己処理するべきか考えてみましょう。

 

毛抜きとワックス脱毛は厳禁!

 

自己処理の方法としては、カミソリ、毛抜き、除毛クリーム、電気シェーバー、などの方法があります。最近は自宅で使えるブラジリアンワックスもありますね。

 

ただ、脱毛に通っているあいだは、「抜く」タイプの自己処理は厳禁です。エステの光脱毛に限らずクリニックのレーザー脱毛でも、皮膚の下に残っている毛に脱毛機の光を反応させて、脱毛する仕組みです。毛抜きやブラジリアンワックスを使うと根こそぎ毛を抜いてしまうわけですから、脱毛の効果がなくなってしまいます。

 

また、除毛クリームも刺激が強いのでおすすめできません。クリームとは言え、実際には毛を溶かしてしまう薬剤です。肌に良いわけがありません。

 

カミソリも、肌に直接刃が当たるのでおすすめしません。

 

電気シェーバーがおすすめ!

 

自己処理の中でもっとも肌への負担が少ないのは電気シェーバーです。数千円で買えるものですから、一台持っておくと便利ですよ。

 

ただ、電気シェーバーの場合はカミソリのように深剃りすることが難しく、どうしても毛穴がポツポツ目立ってしまうのが難点です。脱毛回数を重ねるごとに毛は薄くなうので次第に気にならなくなりますが、脱毛を始めてしばらくは気になるかもしれません。

 

仕上がりをきれいにするためにカミソリを使う場合は、毎回新品のカミソリを使うことをおすすめします。新品のカミソリであれば軽く当てるだけできれいに剃れますし、ダメージは抑えられます。くれぐれも、顔剃り用の使い古しのカミソリをVライン用に下げる、ということはしないでくださいね。

 

また、シェービングはお風呂でおこなわないでください。浴室は思っている以上に雑菌が多いところですから、お風呂でシェービングをしていると、雑菌が入り込んで炎症を起こしやすくなります。シェービングをする場合はレンジで温めた濡れタオルなどで肌を温めたあとに、専用のシェービングジェルなどを使って優しく剃り、必ず保湿ケアを徹底するようにしてくださいね。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ