Vライン脱毛 痛み

Vライン脱毛の痛みは心配するほどではない

Vラインの脱毛は痛い、と言われています。それを聞いて躊躇している人も多いかもしれませんね。実際のところは、どれぐらい痛いものなのでしょうか?

 

Vラインの肌は痛みに敏感

 

Vラインの肌というのは、腕や脚の肌と比べても、薄くてデリケートですよね。それだけ痛みにも敏感な部分なんです。

 

また、脱毛機の光というのは、黒いもの(メラニン色素)に反応するようにできています。つまり、毛が黒いほど、反応しやすいんです。腕や脚のムダ毛なら、比較的毛が細いので、そこまで黒くありませんよね。でもVラインのムダ毛は黒々としていて、しかも密集して生えています。それだけ脱毛機の光に反応しやすいんです。

 

IラインやOライン、ワキの脱毛も同様ですが、このように皮膚が薄くてムダ毛が濃い部分は、痛みが強く出やすい場所です。

 

「ほとんど痛くない」は本当

 

では、実際にどれぐらいの痛みがあるのでしょうか?

 

痛みの感じ方には、個人差も大きいです。頻繁に自己処理を繰り返してきた人なら、痛みは感じにくいかもしれません。

 

たとえば、眉毛を抜いて整えている人は多いですが、眉毛の手入れを始めたころには涙が出るぐらい痛かったのではないでしょうか?でもだんだん慣れてきますよね。それと同じで、普段からVラインに刺激を与えてきた人の場合はほとんど痛みを感じない人も多いんですよ。

 

では普段から自己処理をしていない人の場合は、どれぐらいの痛みがあるでしょうか?
実は、「Vラインの脱毛は痛い」と言っても、そこまで痛いものではありません。

 

脱毛の痛みというのは、「輪ゴムをはじいたような痛み」などと言われますが、実際にはそれ以下でしょう。

 

脱毛時の痛みと言うのは「チクッ」とか「パチッ」といったイメージの瞬間的な痛みです。しかも、照射するたびに痛むわけでもありません。

 

エステの方でも、強い痛みがでないように出力を調整していますし、特に濃いけがある部分だけ「チクッ」とする、と言った方が良いかもしれません。もちろん個人差があるので、全員が同じとは言えませんが、少なくとも、Vライン脱毛が痛すぎて耐えられない、という人はいないと思いますよ。

 

ただ、クリニックのレーザー脱毛の場合は、エステの光脱毛よりも痛みが出やすいので、人によっては激痛を感じることもあります。痛みに弱い人は、エステで脱毛した方が良いでしょう。

 

女性であれば普段から生理痛の痛みと戦っている人も多いと思いますが、生理痛や出産の痛みに比べたら、ほんの一瞬の、ほんのわずかな痛みなので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ