Vライン脱毛 恥ずかしい

アナタが思っているほどVライン脱毛は恥ずかしくないデス

Vラインの脱毛してみたいけど恥ずかしいし…、と思っている人は多いようです。
たしかにVラインというのはデリケートな部分で、婦人科以外で他人に見せることはまずありません。

 

でも、Vラインの処理をせずに生えっぱなしになっているのを彼氏に見られたり、水着からはみ出したムダ毛を友達に見られたりするのと、どちらが恥ずかしいでしょうか?

 

Vラインの脱毛は恥ずかしくない!

 

脱毛エステのスタッフは、Vラインの脱毛もよくしていますからもう見慣れています。看護師さんやお医者さんと同じように、いちいち注目していませんし、なんとも思っていません。

 

それに、Vラインの脱毛をするときには全てを開けっぴろげになるわけではありません(笑)

 

ほとんどのエステでは紙ショーツをはきますし、右側の脱毛をする間には左側には毛布をかけておく、というエステも多いです。毛布をかけないエステでも、言えばかけてくれますし、気にする必要はありません。

 

エステに行ってみると分けると思いますが、脱毛エステに来るお客さんは、いろんな人がいます。とても大人しそうで恥ずかしがりな人に見える女の子でも全身脱毛をしていたり、40〜50代ぐらいのマダムだっています。

 

なんとなく、エステというと「若くてキレイな子」「ギャルっぽい子」が行くようなイメージを持っている人も多いと思いますが、実際には全然そんなことはないんですよ。

 

不安なことは、カウンセリングで解消!

 

なんとなく不安だけど脱毛はしてみたい、という人は、まずはカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

 

エステに行くと初めにカウンセリングがあって、脱毛したい場所や現在の自己処理方法を聞かれたり、脱毛のメニューの説明を受けたりします。カウンセリングを受けたから契約をしなければならない、ということはありませんし、話を聞くだけでも良いのです。

 

「勧誘されるのが不安・・・」という人もいると思いますが、最近は脱毛エステも多くサービス面でも競争が激しいので、マイナスになるような勧誘はありません。悪い評判はすぐにネットで広がってしまうこともありますから、エステ側でも強引な勧誘はしないように指導しているところが多いです。

 

個人店などではなかには勧誘をしているところもあるかもしれませんが、大手のエステの場合はホームページにも勧誘をしないことを明記しているところも多いですし、実際に契約するかどうかは分からなくても、とりあえずカウンセリングに行ってみるのはお薦めですよ。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ