Vライン脱毛 サロン

どこまでを脱毛するのか?希望する仕上がりに必要な回数から逆算

脱毛サロンにも、いろんなお店がありますよね。どこのお店がいいのか迷う人も多いと思います。

 

いざ契約してから「こんなはずじゃなかったのに…」とならない為にも、サロン選びのコツをご紹介します。

 

希望の脱毛範囲と脱毛回数を考える

 

脱毛エステを選ぶ時には、「脱毛したい部位と脱毛したい回数」も考えて選ぶようにしましょう。

 

というのも、エステによって「わき脱毛は安いけどひざ下は高い」、「VIOのセットは安いけどVライン単体では高い」といった特徴があるからです。

 

回数に関しても、「4回のお試しプランは安い」「回数が増えるほど割引率が高い」などの特徴があります。すべてのメニューが激安になっているエステというのはありませんよね。(それでは経営していけません。)

 

ですから、どこを脱毛したいのか、どれぐらいの回数を脱毛したいのか、ということを考えましょう。

 

Vラインの脱毛をする場合は、まずは「下着の横からはみ出す部分だけ」「ハイジニーナにしたい」など、どれぐらいの範囲の脱毛をしたいのかを決めておきます。
脱毛したい範囲に合わせて「Vラインサイドだけ」「Vラインサイドとトライアングル」など、選ぶメニューが変わります。

 

そして、その脱毛したい部位の合計金額で、サロンを比較すると良いですね。

 

回数についても、「とりあえずお試しでやってみたい」ということであれば1回のみの単発プランがあるお店や、体験コースで4回2千円などのお得なプランのあるお店を選ぶのがおすすめです。

 

標準的な12回程度であれば、通常価格が安く設定されているお店を選びます。

 

完全にきれいになるまでとことん脱毛したい、という人は、回数無制限のプランがあるお店を選びましょう。ただ、回数無制限の値段が高い場合は、回数無制限でなくても他のお店の「18回」などのプランの方が安い、ということもあるので、注意して選んでくださいね。

 

サロンの実績、接客、立地も重要なポイント

 

他には、サロンの実績やスタッフの接客レベルも気になるところです。

 

ホームページには良いことしか書いていないものですから、口コミなども参考にいながら選んでも良いと思います。

 

ただ口コミの場合は、ある特定の支店に対する感想だということを忘れてはいけません。「渋谷店」が良くても「池袋店」は悪いかもしれませんし、その逆もあります。鵜呑みせずにあくまでも参考にとどめましょう。

 

それから、立地も重要なポイントです。

 

いくらネットで調べ上げて安いエステを見つけても、そのエステが地元には無いかもしれません。

 

京都にはそのエステがないから大阪まで行かなければならない、ということもあるわけで、その際の往復の交通費が2千円かかるのであれば、12回通うとしても2万4千円の交通費がかかることになりますよね。それならエステの料金が少し高くても地元にあるエステの方が費用を抑えられることもあります。交通費や行くまでにかかる時間も踏まえて、エステを選ぶようにしましょうね。

 

Vライン脱毛の最新人気サロンランキングへ